読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

復刻『週刊 岡庭昇』

〜岡庭昇を因数分解する〜

第4回 2017年1月16日

こんにちは、岡庭野野花です。

 

先日1月11日に行なわれたドナルド・トランプ氏の大統領就任前の記者会見を、みなさんもご覧になって、いろんな思いを抱かれたことでしょう。

 

20170116


トランプは、大統領選の際の選挙演説でも「メキシコをぶっ潰す!中国をぶっ潰す!日本をぶっ潰す!」と、メキシコ・中国・日本を「アメリカの敵」と名指ししましたし、21世紀の「悪の枢軸」だとしています。

 

また、私はトランプの支持者のTwitterを見ましたが、その人物は「メキシコをぶっ潰せ! 中国をぶっ潰せ! 日本をぶっ潰せ! トランプはアメリカを偉大にしてくれる!!」と書いていました。

 

メキシコと中国はともかくとしても、日本はアメリカの最大の同盟国。

エドワード・スノーデンの言葉を借りれば、「アメリカの言うことはほとんど何でも聞く信じられないほどアメリカに協力的な国」です。

日本を「アメリカの敵」とする理由は何一つなく、まったく道理のない話です。

しかし、トランプも彼の支持者も、日本を「アメリカの敵」と見做しています。

 

トランプの会見をテレビで見ながら、前回取り上げた父の著書、

『性の歪みに映るのもの』第2章「欠損のリアリティ」にあったことばを思い出しました。

 

“アメリカとはヨーロッパの澱である”

 

ここで一つ、気になる事があります。それは、トランプも支持者もロシアについては何も言っていないことです。

ロシアは日本と比較してはるかに反米の国です。(というか、前述したように、日本には反米の要素はまったくありません)「アメリカの敵国」なら、ロシアの名前が挙がってしかるべきです。しかし、トランプは、ロシアをヘイトの槍玉に挙げたことは一度もありません。その理由はただ一つ、ロシアが白人ヨーロッパの国だからです。

 

アメリカに敵対する要素のまったくない日本を「アメリカの敵」と憎悪の対象とし、現実にアメリカに敵対しているロシアは「友」とする。このことに白人至上主義以外の理由があるでしょうか。

ヨーロッパの澱であるアメリカにとって、中国・日本・メキシコは、白人種である自分たちを脅かす。彼がマイノリティや人種差別発言をするのも、そこに差別や疎外をつくり自分たちの制度と規範を保とうとしているのではないでしょうか?

 

父は、2004年に『いまさらブッシュ 石油の海で溺れて、喚いて』を書いています。

タイトルは、いまさらブッシュですが、いまこそ読むべきではないかと思わずにはいられません。

 

次週は、この一冊を因数分解してみます。

20170116_2