復刻『週刊 岡庭昇』

〜岡庭昇を因数分解する〜

第54回 2018年3月26日

こんにちは、岡庭野野花です。

桜の開花が早く、あっという間に見ごろ、そして花吹雪となりました。

さて、共和党

それが重要な票田になることに気づいた党こそが、共和党だったのです。

キリスト教福音派と呼ばれる人たちのおよそ78パーセントが投票に行くわけです。

 

A:
調べてみましたら、1980年のロナルド・レーガンの大統領選挙時には、共和党は伝統的モラルへの回帰を唱えて、彼らを取り込んだそうです。

 

B:

そしてそれ以後、福音派共和党の強力な支持基盤となっていったということですね。

 

A:

ブッシュの時も同様。この支持基盤をもとに当選し、大統領になりました。

この周辺のことが、『帝国の暗闇から』にも書かれています。

 

野野花:

はい。第4節の左翼原理主義キリスト教原理主義のところ。今読んでも、とても興味深いです。

 

+++

P118

だが、第三世界への侵略と支配を積極的に推し進めるブッシュ・ネオコン政権は、みずからは妊娠中絶に反対し、進化論を否定したり、白人至上を主張する野蛮なキリスト教原理主義者をその中心的な支持基盤にしているのだから呆れる。誰にとっても愚者であることが明らかなブッシュが、それでも権力を持ち得るのも、この信者60000万人ともいわれるアメリカの超右派=原理主義キリスト教のお陰なのだ。

 

+++

 

野野花:

そして、トランプもしかり……。

 

A:

キリスト教福音派の人々はこのように言っています。

「アメリカはイスラム教国に攻め込んで、指導者たちを皆殺しにし、国民をキリスト教に改宗させなくちゃ」

地球温暖化はリベラルが作ったウソなのよ」
「進化論は悪魔の嘘」

「中絶は殺人」

「ゲイは地獄に行く」

こんな無茶苦茶なことを、正に主張しているではないですか。

 

B:

グローバル化にも異をとなえ、アメリカンファーストを標榜しているのですね。

本にもこのような文章が、、、、

 

+++

P119

また、坪内隆彦の優れた問題意識を持つ『キリスト教原理主義のアメリカ』は、1997年3月に刊行されているが、2004年段階でのイラク侵略戦争の本質をすでに言い当てている。 彼は、クリントンを沈黙させた右派政治家に触れて《ヘルムズの国連批判は、ブキャナンの国連批判とぴったりと共鳴している。ブキャナンは「国連のグローバリズムとそれにもとづく新世界秩序はアメリカの主権を脅かすだけだ」と断言している。この発言のトーンには、ジョン・バーチ協会の反国連思想すら連想させるものがある》(同)

 

B:

坪内隆彦の本もちゃんと読みたいと思っています。

そして、続く、岡庭先生の一言が、印象的です。

 

+++

P120

ブッシュ・ジュニアが、オリジナルに始めた「悪」などどこにもないのだ。

+++

 

A:

先日、トランプは大統領から中間選挙に向かって、大統領ではなく一候補者として思考が戻っていて、テレビであるコメンテーターが、「中間選挙をベースに考えているのではないか」と言っていました。

 

B:

先の注目された米朝首脳会談も、世界的には歓迎されることではあるけど、トップ同士がもし席を立った時には、次の選択肢は有事しかないという懸念がありますね。

 

A:

ティラーソンはその事を非常に気にかけていたようでした。

今、トランプ陣営には、副大統領にはペンス、国務長官にはマイク・ポンペオという2人のよ右派キリスト教福音派がいます。

 

B:

しかも、元軍人。

 

A:

湾岸戦争、9.11、アフガン侵攻には、キリスト教原理主義といわれる右派キリスト教福音派の熱狂的な支持者がいたことを、私たちはどこかで気にかけておかなければと思わずにはいられませんね。

野野花:

『帝国の暗闇から』のページを、なかなか閉じられないのは、いまに通じることがあまりにも多いからに他なりません。

 

桜がきれいでつい上ばかり見て歩きますが、足元もしっかり見たいもの……。

 

f:id:okaniwanonoka:20180410192209j:plain

 

第53回 2018年3月19日

こんにちは、岡庭野野花です。

平昌オリンピックが終わり、米朝首脳の直接会談が急ピッチで進んでいます。その一方で、ティラーソン国務長官が“Twitter解任”(ツイッターで発表されてから本人に通知)されて、マイク・ポンペオ氏となりましたね。日本もなんだかバタバタしていますが、アメリカもいやはや相変わらずです。

ところで、マイク・ポンペオ氏とはどういう人物なのでしょう。今日はそこから話しましょう。

 

A:

マイク・ポンペオは、福音派クリスチャンの中でも右派に属していることで知られ、中絶ゲイに反対していますよね。右派福音派といえば、ペンス副大統領もそう。この福音派がトランプの堅い支持基盤だというのはいうまでもありませんが。

B:

就任一年後の支持率としてはトランプ氏の支持率40%は戦後最低。これが崩れないのは、強固な支持層を背景に『キリスト教福音派』がいるからで、政権の政策決定に影響を与えていると聞きました。

 

A:

キリスト教福音派は、聖書を重んじるプロテスタントの一派。アメリカの人口の4分の1を占めていて、アメリカ最大の宗教勢力ともいわれています。今回のマイク・ポンペオ氏の起用も、11月の中間選挙をにらんでの起用だと想像するのが普通ですよね。

 

野野花:

キリスト教福音派といわれる人々は、『無知こそ善とする思想、反知性主義』を持っています。福音主義とは「福音」、つまり聖書を一字一句信じてその通りに生きんとする、いわゆるキリスト教原理主義のこと。自らを福音派とするアメリカ人は全人口の3割を占めているのです。彼らにとって余計な知識は聖書への疑いを増すだけで、より無知なものほど聖書に純粋に身を捧げることができるとしています。

 

B:

アメリカには、100万を超える自宅学習家庭があると聞き、驚いたことがあります。

 

A:

はい。全体の75%がキリスト教原理主義です。高等教育を受けていない親が自宅で子どもを教えて、次世代へと継承されていく。

 

B:

もしかして、アメリカの一流大学の理系学生の半分以上が、アジア系かアジアからの留学生だという状況にも関係があるのでしょうか。

 

A:

原因の一つだと言われています。アメリカの大学で博士号を取得する人の4割が海外出身者ですから。キリスト教原理主義の彼らには、進化論への根強い批判があります。

 

B:

あ! 映画の公開のことで何かニュースになったことがありませんでしたっけ。

 

A:

『クリエーション』ですね。進化論を確立した英博物学者のチャールズ・ダーウィンを描いた、2009年の映画『クリエーション』。進化論に対する宗教的な反発感があって、アメリカの複数の配給会社が配給を拒否して、公開が延期されたのでした。

 

B:

「アメリカ国民にとっては矛盾が多すぎる」との見解ですね。アメリカでは進化論を信じるのは40%くらいで、ダーウィンにも「人種差別主義者」との批判があるって。

 

野野花:

「聖書に書かれてあることは100%正しい」と、信じ込んでいて、広い世界に関心を持たない人たちがアメリカの政治を動かしていっても過言ではありません。福音派は元来、彼らにとっては「俗事」でしかない「政治」には関心が薄かったのでしょう。

共和党の話につながりますが、それはまた翌週にいたしましょう。 

 

f:id:okaniwanonoka:20180326140417j:plain

第52回 2018年3月12日

こんにちは、岡庭野野花です。

 

その後1950年6月25日から1953年7月27日に、国連軍と中朝連合軍は朝鮮戦争休戦協定に署名して休戦へといたります。

このときの朝鮮戦争を起こした金日成の認識に立ち返ると、今の金正恩は祖父・金日成の考えを踏襲していることがわかるでしょう。

 

 

A:

そもそも1950年の段階でアメリカが責任を持つ防衛ラインは、フィリピン 〜沖縄 〜 日本 〜 アリューシャン列島までですよね?

「これ以外の地域は責任を持たない」と発言(「アチソンライン」)して、

台湾インドシナなどとともに朝鮮半島には言及がなかったというのです。

 

B:

文献を読むと、つまり……

「これらの地域への軍事的攻撃について何らかの保障ができる者はいない。そのような攻撃が行われた際には(略)、最初は攻撃された人々に頼るしかないのだ」とあります。

続けて、「彼らが断固として戦うならば国連憲章に基づき国連の裁定に訴えることができるだろう」

そんな風に、最後をあいまいに結んだのですね。

 

A:

そこで中国大陸が共産化しても「台湾不介入声明」まで出した、トルーマン政権の対中政策を、しっかりと観察していた金日成

 

B:

朝鮮半島にもこれを当てはめて、「アメリカによる西側陣営の南半部(韓国)放棄」を推察したのですね。

 

A:

そうして朝鮮戦争を仕掛けていくわけですが、祖父・金日成が作り上げた世界を実現しようとするならば、今の金正恩の凝り固まった考えの理由も分かるような気がします。

 

B:

歴史的に一度も民族の力での独立をなしえなかった朝鮮半島の真実を深く知れば、平昌オリンピックに見られた文在寅大統領の「ふらふら外交」は、もしかしたら悲願ゆえで、ありなのでしょうか?

 

野野花:

父の著書の一説の意味は、歴史をこうして少しずつ、そして深く紐解くことでより納得できます。

 

+++

P97

とにかく、台湾の「2・28蜂起(=虐殺)」と韓国の「4・3蜂起(=虐殺)」は、ともに戦後日本に置いて封印され切った事件だった。それらが、いずれも戦前日本帝国の植民地だったことが、冷戦構造の必然性とともにその大きな要因だった。

戦後のそれら旧・植民地の支配において日本帝国は結局のところ弾効されず、かえって冷戦構造の中で支配モデルとされ現場で引き継がれたのであって、建前の民主主義と平和な日本と裏腹なこの実情は封印されざるを得なかった。そして、狙い通りにまったく歴史を知らない、世界にもまれな世代が育ち、帝国はトボけ切ったのだった。

戦前の帝国列強時代と同じく、戦後の平和な時代において、まさにその無責任な「帝国の不在」こそが、帝国主義時代の権力の行使をそのまま引き継いで同等に罪である。まさに戦後の「平和の質」が問われなければならないのだ。

+++

 

私たちはオリンピックを機に、学ぶべきものがたくさんあるのです。メダルの色にばかり目を向けずに。

何度も読み返したい父の文章。

そして、多くの人に伝えたいと思います。

 

f:id:okaniwanonoka:20180312104218j:plain

 

昨年冬から読み続けてきた『帝国の暗闇から』。

気がつけば、春になっていました。

第51回 2018年3月5日

 

こんにちは、岡庭野野花です。

 

1948年4月3日に起きた「済州島大虐殺」から季節が1つ過ぎて、

その年の夏、つまり1948年8月15日ソウル李承晩が「大韓民国」の成立を宣言しました。

 

A:

これに対峙するかのように翌月9月9日、金日成ソ連の後援を得て「朝鮮民主主義人民共和国」を成立させるのです。

 

B:

北緯38度線はこの結果、占領国が引いた占領境界線ではなく、事実上、当事国間の「国境」となってしまいました。

 

A:

建国後、南北両政府の李承晩大統領は「北進統一」を、金日成首相は「国土完整」を主張して、共に政治体制の異なる相手国を屈服させることによる「朝鮮半島統一」を訴えていきます。

 

B:

その後、金日成は李承晩を倒して、統一政府樹立のためにソ連の指導者ヨシフ・スターリンに南半部への武力侵攻の許可を求めたけれど、アメリカとの直接戦争を望まないスターリンは、許可しなかった。

 

A:

はい。そして12月にソ連軍は朝鮮半島から軍事顧問団を残し撤退します。

翌年の1949年6月には、アメリカ軍も軍政を解いて、司令部は軍事顧問団だけを残して撤収。北朝鮮は「祖国統一民主主義戦線」を結成します。

 

B:

米国・ソ連が撤退・撤収した後、政治体制の異なる南北両政府は、互いに互いを併呑することによる朝鮮統一を主張することになるのですね? 

 

A:

はい。そして、1950年6月25日北朝鮮は朝鮮統一を目指して朝鮮戦争を引き起こすことになります。

 

B:

この頃、地続きの中国大陸はどのような状況だったのでしょうか?

 

A:

いい質問です。

ソ連の支援を受けていた毛沢東主席が率いる中国共産党国共内戦に勝利。そして、1949年10月1日に「中華人民共和国」が建国の運びとなっています。一方、トルーマンから、米国が仲介共産党との調停を中国国民党は破ったと看做してと……いう理由から支援を絶たれた中国国民党蒋介石総統率いる中華民国は、台湾に脱出することになります。

 

B:

なるほど、そこで、台湾の「2.28大虐殺」が起こるのですね。

いま、全体がつながりました。

 

野野花:

父が台湾の「2.28大虐殺」と済州島の「4.3虐殺」について、一緒にここでのべるのは、結局は大国、つまり「帝国」の勝手な都合により民族の分断・民族の迫害が起こってくるということになるのではないでしょうか?

 

f:id:okaniwanonoka:20180312102954j:plain

 

今日のお話から、きれいな河の風景が浮かびました。

 

第50回 2018年2月26日

 こんにちは、岡庭野野花です。

 

前回は「モスクワ協定」の話題になりましたが、『帝国の暗闇から』の続きを読み進めます。

 

+++

P95 

それどころか、アメリカは冷戦第一にこり固まり、従来主張する民主主義など棚上げにした。アメリカ当局は再び挑戦支配に帝国官僚の酷薄なやり方を踏襲したのである。そして朝鮮戦争が始まる。朝鮮戦争の状況も、本当のところが伝わるわけもなかった。いや、他ならぬ日本人こそが、ただ戦争景気で儲かりさえすれば良く、旧植民地国の状況など積極的に封印することを望んだといえる。くりかえすが、これは徹底して軽薄極まりない歴史的態度だと自己批判しなければならぬ。

+++

 

この時代背景をおさらいしてみると……

A:

ソ連占領下の北半部では、金日成を中心とした共産勢力が、ソ連の後援を受けた暫定統治機関としての北朝鮮臨時人民委員会を設立しました。

 

B:

そして、トルーマンが世界的な反共活動を支援すると宣言をして以降、南朝鮮では共産勢力の徹底した排除が行われるようになりました。

 

A:

そこへ反共活動のため渡米していた朝鮮独立運動家・李承晩は、南半部だけで早期の国家設立とソ連の排斥を主張し始めました。

 

B:

1947年軍政と対立したまま、李承晩を中心とした南朝鮮過渡政府が設立されますが、左右合作を目指していた朝鮮独立運動家・呂運亨が暗殺され左右が決裂。

 

A:

これを機に、北半部と南半部は、それぞれ別々の道を歩み始めたのです。そうして、済州島四・三事件(チェジュドよんさんじけん)が起こります。

 

B:

Wikkipediaを読みと、

1948年4月3日在朝鮮アメリカ陸軍司令部軍政庁支配下にある南朝鮮済州島で起こった島民の蜂起にともない、南朝鮮国防警備隊韓国軍韓国警察朝鮮半島李承晩支持者などが1954年9月21日までの期間に引き起こした一連の島民虐殺事件を指す南朝鮮当局側は事件に南朝鮮労働党が関与しているとして、政府軍・警察による大粛清が行われ……

 

A:

島民の5人に1人にあたる6万人が虐殺されて、済州島の村々の70%が焼き尽くされたとは、本当に痛ましい出来事だとあらためて感じます。

 

野野花:

この事件についても、父はとても深く綴っています。

 

+++

P96

ともあれ、1948年4月3日に、それは起きた。

プレ朝鮮戦争の状況で、優位を占めたパルチザンを殉滅すべく、アメリカ軍と李承晩によって、島民の手当たり次第の虐殺がなさあれた。この小さな島で、3万人の人が殺されるという「済州島虐殺」は、この日をピークとしておよそ6年に及ぶ血塗られた歴史の始まりを告げた。

このあまりの悲劇は、ついに隣国日本から隠し通された。同時に、あまりの悲劇ゆえに、それは結果として袋小路に入った。共産党パルチザンが虐殺の本来の対象として狙われたが、追い詰められた彼らは、また、猜疑心を以て民衆に対峙した。民衆はどちらからも敵対されたと、済州島蜂起=虐殺の証人たる金石範と金時鐘は述べている

(『なぜ沈黙を守ったか/なぜ書き続けてきたか』)

+++

 

朝鮮半島は、身近な隣国。

 

f:id:okaniwanonoka:20180312102519j:plain

第49回 2018年2月19日

 こんにちは、岡庭野野花です。

 

今、平昌オリンピックが開催されています。

今回の平昌オリンピックは、国際的に孤立する北朝鮮が民族統一を旗印に「ほほえみ外交」を仕掛けていて、この影響で日米は、日米韓の北朝鮮への圧力歩調が崩れるのではないかと、韓国に何度も確認をしています。

 

A:

文大統領は、その狭間に立っているようです。日本での報道でも、文大統領の態度がふらついていると、批判的な報道が目立っています。

 

B:

平壌ピョンヤン)オリンピック」ってささやかれています。

 

A:

北朝鮮は、金正恩独裁国家で、核ミサイルを持ち。非人道的な政府の印象は確固たるものです。そんな北朝鮮でも、文大統領は「南北統一」を実現したいと思っていると。

 

B:

「どうしてそこまで南北統一を思うの?」と、私たちは単純な疑問がわきます。

 

A:

その思いの根っこの深さを理解しろよと、オリンピックが導いているのかもしれないですね。そこには、日本が占領した以降の歴史を知る必要があるでしょう。

 

野野花:

父の『帝国の暗闇から』を引用しながら、韓国の歴史を紐解いていきましょう。

 

まず、知識として……

日本が降伏する前の1945年8月9日、すでに日本占領してきた満州国への侵略に伴う、日本領の朝鮮半島への侵攻していたソ連に対して、アメリカは38度線での分割占領案を提示。この境界線は、30分間で策定されたそうで、アメリカ軍占領域にその後、大韓民国の首都・ソウルとなる「京城府」が含まれることも考慮されていました。ソ連軍は、アメリカによる朝鮮半島分割占領案に合意して、17日には一般命令第一号として、38度線以北の日本軍はソ連軍(赤軍)に、38度線以南はアメリカ軍に降伏させることが通知されます。そして9月2日日本は降伏文書に署名しました。

 

+++

P95  

ここは、何よりも米・ソが冷戦の最前線だった。大戦末期において、すでに冷戦の綱引きは始まっており、大戦終結直後のある時期には、朝鮮半島では1日毎に状況が変わったと説く歴史家もいるほどだ。この状況の不安定さの陰で、従来朝鮮植民地を支配し、敗戦で首を洗っていた日本の出先官僚が、あろうことか免責されてしまった。

+++

 

野野花:

当時の朝鮮半島内では、独立運動を志向する諸勢力も存在はしたようですが、独立志向組織はむしろ国外にあり、その勢力は小さく亡命先での活動が主だったようです。

いずれも朝鮮半島の住民から大きな支持を得るには至らなかった。

 

A:

日本降伏時、朝鮮全土にわたって独立建国に向かう民意の糾合はまったく醸成されていなくて、日本統治からの突然の「解放」は、あくまで連合国軍により「与えられた解放」で、朝鮮人民が自らの力で独立を勝ち取るという状況ではなかったということですね。

 

野野花:

そして、12月。アメリカ、イギリスソ連の外相会議がモスクワで開催さレました。ここでアメリカは、朝鮮半島における民主主義的な政府の建設を目標として、暫定政府を成立させた後、米英ソと中華民国の4か国による最長5年間の信託統治を提案しました。

 

B:

「モスクワ協定」ですね。

 

野野花:

はい。アメリカとソ連は、翌年1月からの予備会談を経て、独立国家の建設を準備するための米ソ共同委員会を設置しました。でも、李承晩などが反信託運動とともに反共・反ソを激しく主張。ソ連はアメリカに李承晩らの排斥を訴えましたが、アメリカは反信託よりも反共を重視して聞き入れず、お互いの姿勢を非難して対立、委員会は決裂、信託統治案が頓挫します。

 

次週は、父の記述をたっぷりとご紹介します。

 

f:id:okaniwanonoka:20180226011939j:plain

 

気持ちのいいお天気が続いていますね。

第48回 


こんにちは、岡庭野野花です。

 

現在、台湾には「国民党」と「民進党」という2つの大きな政党があります。AさんもBさんもきっと基本的なところで、ある疑問を抱いてるんじゃないかと思います。この2大政党って、日本でいうところの「自民党」「立憲民主党」のようなもの? と。

 

A・B:
はい、その通りです。まず、確認したい点です。

 

野野花:
では、今日はここから考えたいと思います。

大きくわけると、「国民党」は、蒋介石と一緒に台湾に逃げてきた中国大陸出身者系統で、北京語を話す人たちが中心の党です。
民進党」は、もともと日本の植民地だった台湾オリジナルの人たちで、台湾語を話す人たちが中心の党と捉えられるのではないでしょうか。

 

A:
なるほど、すごくわかりやすいです。

 

野野花:
もともとは正当な支配者として「国民党」が中心で、2000年に「民進党」の陳水扁が総統に選出されるまで、台湾の政権はずっと「国民党」が握っていたようです。

B:
そして政権交代が何度かあって、今は「民進党」の蔡英文中華民国第14代総統となっているわけですね。

 

野野花:
日本の政党とは異なり、民族とその歴史からそのアイデンティティははっきりしているのはないでしょうか? 中国共産党との距離、いわゆる「一つの中国」について、各党の理解もこの過去の台湾の歴史を紐解かなければわからないのです。

 

A:
でも、私たちはその周辺の事実をまったく知りません。

野野花:
このことついても、父は『帝国の暗闇から』で取り上げてくれています。

 

+++
P95

とにもかくにも「2・28大虐殺」が情報として封印されたのでは、日本人は占領という事実にさえも気付くはずがない。つまり、国民党の台湾占領という発想が、ごく奇妙に思えるだけだろう。
 とはいえ、根本的には戦後日本、旧植民地への無責任な関心のなさがすべての大本である。歴史に対するもっとも軽薄な態度としての「帝国の欠乏」である。付け加えれば「同じ民族」という神話によって、こんどは社会主義中国が台湾を植民地にしようと計っているのだ。

+++

 

B:
本当にきな臭い話ばかり!

A:
世界の平和は薄氷の上にのっているようなものですよね。

 

野野花:
そしてアジアでは、中国が大国として世界に台頭してきています。そんな中で、アジアに住みながら第二次世界大戦前も後、私たちはアジアの歴史を、ただ年号だけで追っているのではないかなと思います。

私たち日本人は、民族、そして過去の歴史の延長線上で現代社会を直視できていないのではないでしょうか。

次に紐解くべきは、済州島「4・3事件」です。
「2・28大虐殺」と並んで戦後史の封印された事件です。

 

その前に、ひと息つきましょう。
カフェでかわいいラテアートを作っていただきました。

 

f:id:okaniwanonoka:20180213012339j:plain